テレビと環境 "0011(double O eleven)"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日報取材

image002.jpg

先日、環境・リサイクルなどの専門情報新聞の「日報」の記者が取材のために弊社を訪問。
若い女性の記者二人の取材である。心なしかテンションが上がるのを抑え取材に応じていたのは
つかの間で、やはり我々の2011年問題への取り組みへの話になると力が入る。
記者の方に報道してもらいたいのは、2011年のテレビ大量廃棄の処理は、製造者責任による
家電リサイクル法によるルート以外に義務外品としての不法投棄や一旦はリユース目的で集められリユースが不可能となったものなど、かなりの廃棄テレビが国内に溢れている。そしてこれからも増える。その義務外品とされるものを弊社のリサイクル設備と技術それから弊社独自の輸出ルートでお役に立ちたいということである。2011年問題は、この日本が・・・世界的にも経験の無いブラウン管テレビの廃棄量に対して危機感を逸早く持ち考え行動することが大切であることを感じてもらいたいのである。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。