テレビと環境 "0011(double O eleven)"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本経済新聞社取材

昨日3月24日、日本経済新聞社の記者が来られた。挨拶、名刺交換の後先ず工場を見てもらうことに。記者の方も弊社ホームページで現在国内唯一となった湿式分離方式についてはご存知の様子。加熱炉(弊社特許取得システム)でのリサイクル前準備作業の見学と説明から始まり、薬剤と熱膨張率を利用した湿式分離ラインそして洗浄ラインを見学となった。弊社に持ち込まれるブラウン管と積み上げられた数に担当記者は驚いておられる様子。しかし、弊社にとっては処理できる量の「ほんの一部」で弊社での処理システムであれば「1時間ほどでの処理量」である。弊社は1ヶ月の処理能力は約10万台で延べ約30人ほど人員でこなせる設備と技術を構築している。・・・事も説明。弊社のテレビへの携わり経緯から弊社が2011年問題に対しの取り組みまでを記者は「なるほど!なるほど!」とメモをとられていた。
この内容は記事になるのか?いつ記事になるのか?は不明ではあるが、各マスコミが2011年問題やリサイクルされた物が何処へどの様に流れているのかは興味があり、問題視したいのであろう。
ただ、一般家庭では殆ど会話の話題にはならないであろう2011年に向けての廃棄テレビのリサイクル問題は、確実に社会問題となりつつあるにもかかわらず、一般認識の低いところが2011年問題の特徴の一つにも思う。
スポンサーサイト

朝日新聞社取材

新聞取材

テレビ大阪・News Bizでの放映から3日後、今度は朝日新聞社から取材がありました。

弊社のリサイクル技術とノウハウが、どのようにして、鉛排出の低減やテレビの不法
投棄の問題に役立つのか、とても興味深い様子で話を聞いていただけました。

弊社の取り組みが、出来るだけ多くの人の心に届くことで、環境負荷の低減に結び付
くことを願ってやみません。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。